2017/03

<< March 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


 

CATEGORIES



LATEST ENTRIES



 

♪ profile ♪
〜 明吏 akari 〜
Gyrokinesis(R) Instructor
FTP Mat Pilates Basic Instructor
PI Ball Pilates Instructor
産前・産後pilates♪



CHECK IT♪ CHECK IT♪

ぴたトレ.com

 

LINKS



Suo amore♪
クリックで救える命がある。

Bit♪Coin♪
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

amazon♪


 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

ADMIN

 

 今が一番若いのです。って、2011年に書いてました…。

 私、2011年9月に書いてたんです、この記事。
 ちょっと修正して、upすることにしました。
>>>>

 皆様、お元気ですか?
     私はもちろん、元気。
  元気であること、ありがたいです。
    色々エラーはありますが。
      たまに私と私の体と仲悪くなりますけど、元気に生きてます。
 
    色々痛みを持っている方多いですね。
     そして、その痛みに縛られてしまうこともある。
 例えば・・・
 
  日頃の不調を溜め込んで、身体に来てしまった方。
  普通に気にしなかったけれど、転んだり何かの拍子に身体が痛いって発した方。
  
  運動をバリバリなさって、腹筋もしっかりある!のに、痛みを知ってしまった方。
  運動なんてしてないし、興味もないけれど、身体が不調になってしまった方。
  
  手術をしなければいけないくらいになってしまった方は、
  ・・・さすがに病院に行きましょう。
  
  骨も何も痛んでないけれど、根本筋肉がない方・・・最近多いみたいです。
  妊娠・出産という素敵な機会なのに、持病持ちとなってしまった方。

  arch(反り)が痛い方。
  curl(猫背のように丸まった)が痛い方。
 
                   ・・・人それぞれ。

  私が出来ることは、
   「その痛み to ご自分自身 to 向き合う時間をご一緒すること。」
  そして、
     「 今以上、悪くならない。 今以上に良くなる。 」
 
  今を知らないと、つい欲張るんですよね。
       でも、欲張って、憧れて、諦めないで、生きる。
      あ、でも、クラスでも言ってますけど。
         他人と『 比較 』は no です。
  今の自分より、少しでも何か違うことを見つけて上げる。
    数秒後だって未来です。
       私たちは常に、未来に向かって生きているのです。
    呼吸が楽になった、とか。
      スイッチってもしかして!とか。
       そこから、いつも始めませんか?
         常に、「 0 ゼロ 」 から。
           「 今 」が start。
     

  正直、そんな簡単には治らないと思います。

  だって、今まで溜めてきたんですもの。
  だって、今までご自身の身体と向き合わなかったんですもの。
  ・・・・人それぞれ。


  なので、慌てないで欲しいです。
         ・・・悲観することもある。あるある。
 辛いこと、嫌なことに出会うと、できない理由を探してしまう。

        
  有る時、お客様がこう仰っていました。
          「これも、機会なんだよね」って。


    言って頂けた時、嬉しかったです。
                    本当、感涙でした。
   でも、私、ツイてる♪って思うです。
    今、気づけたこと。
     今、知ったこと。
      今、助かったこと。
       今、できたこと。
 できない理由、面倒くさいってことで、
     見えないこと、知ることができないこと、いっぱいあるんですもの。
 
     「 やらないより、やったほうがいい。」 
        今日が一番若いんだから。
    さー、生きている限り、楽しみましょう♪

 


 気軽にピラティス「 テーブルトップ+α 」

 

 

 

 

 前回は、呼吸と一緒に動いていただきました。

 

 今回は、おなかしっかり使いましょう!!

 

 呼吸=胸式ラテラル呼吸はできましたか?

 背骨を動かしましたか?

 

 今回は、おなか使います!

 

 

 step1:吐きながらおなかを「 ∪ 」し、脚を90度に持ち上げ、

        止まって吸って、

     吐きながらおなかを「 ∪ 」し、90度のまま脚を降ろす。

 

 

 そう!テーブルトップです。

 

 慣れている方は、

 クラスでお伝えしているチェックポイントを意識しながら動きましょう。

 

 仰向け=仰臥位から、始めましょう。

 手はお尻の横辺りに置き、肩から指先までしっかり床に触れます。

 おひざを立て、脚をお尻から一足分、もしくは、30cmくらい先に立てます。

 

 後頭部からお尻まで床に着けます。離しません。

 

 吐きながら脚を90度に持ち上げます。

 股関節の上におひざ。

 脛が床と平行です。

 つま先、ツらない程度に伸ばしましょう。

 

 止まって吸います。

 

 吐きながら、90度のまま、脚を下ろします。

 

 5秒間かけて吐く間、

 その5秒間かけて足をテーブルトップ=90度にしてみてください。

 

 慣れてきたら、もっとながーく。

 

 

 チェック5

 ・仰臥位で腰の後ろを(おへそで)床を押しながら、脚を上・下できていますか?

 ・おへその周りがぷくっとあがっていませんか?

 ・首長ーく、肩先が床から離れ、天井に向いていませんが?

 ・お手洗い我慢するくらいにチャック締まってますか?

 ・肋骨が天井の方に開いたまま or 吐くとき、ちゃんと締まってますか?

 

 

 手をお尻の隣辺りだと、

  肩が浮いてしまう!という方は、頭の後ろに手を組みましょう。

 

 手と頭で押し合いっこすると、私は首長くいられるし、安定します。

 首や肩と手で押し合いっこしないように、お気を付けくださいね。

 

 その時、首長く、ヒジを横に張ります。

 ということは、肩が耳に近づいたりしないで、

        ヒジが天井向かないように気を付けましょう。

 

 

 

 テーブルトップ=90度に慣れていらっしゃる方、

  楽勝♪な方は、

 

 Step2:脚を天井に伸ばし、

               腰の後ろが浮かないまま、UP & DOWN です。

 

 

 

 吐きながら、腰が浮かないところまで傾け、

 吸いながら、天井に脚を伸ばす。

 

 

 

 腰の後ろ、おへそスウィッチで床押しましょう。

 おへそスウィッチで押せない方は、ベルトがあたる辺りで押しましょう。

 

 アレンジとして、

  吸う・吐くを変えて UP & DOWN していただいても大丈夫!

 

 +α

 床の方に下す際、かかとを突き出す。

 天井に上げる際、つま先伸ばす。

 

 つま先動かすと ツる!方は、

        テーブルトップでお願いいたします。

 

 先ほどのチェック5で確認して、

             動けたら・・・

 

 

 次のチェック5は、

 ・肩が耳に近づいていませんか?

 ・上半身に無駄な力が入っていませんか?

 ・動きが固くなっていませんか?

 ・UP & DOWNのコントロールできていますか?

 ・ご自身のセンターラインと脚の間が延長線上にありますか?

 

 

 動きをコントロールする、ということは、

   意識しないとできないことでもあり、

   無意識にコントロールできることでもあるのです。

 

 意識って大事!!

 

 

 あ、そういえば…  

 天井に伸ばすのが苦手、という方いらっしゃいます。

 

 立っている時、脚、伸ばせていますか?

 立っている間は伸ばせています、と

     おっしゃる方がほとんどだと思います。

 

 そんな感じで伸ばすことチャレンジしてもいいと思います。

 

 床がない、と思われますね。

 

 押す方向性がわからないという方は、

  足の指先で、天井触りたい!というくらい伸ばしてみましょう。

 

 前モモ、頑張ってしまう方いらっしゃると思います。

 前モモ、実はそんなに頑張らないです。

 

 

 探してみてくださいね?

 

 

 身体全体を使う楽しみ、見つかると嬉しいです!

 

 

 

 何かご質問は、遠慮なさらずメールくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Gyrokinesis(R) / Pilates / Yoga


 気軽にピラティス「 呼吸+動く 」

 

 

 

 

 前回は、「 呼吸 」でした。

 胸を横に開く「 胸式ラテラル呼吸 」

 意識しないとできません。

 

 

 意識できた上で、無意識にできるといいですね。

 

 

 今日は、呼吸しながら動きましょう。

 いつものペルヴィックティルトです。

 

 

 クラスの時のように、

  仰向けに寝転がって行っていただいても大丈夫♪

 

 

 step1:呼吸とともに周位を動かさず、

         骨盤を前傾・後傾させましょう。

 

 

 もちろん、昨日の呼吸とともに動かしてみてください。

  呼吸と共に骨盤を骨盤を前傾・後傾させるだけ。

 

 

 骨盤を前傾?後傾?

   混乱するかもしれません。

 

 

 腰に手を当てます。

 腰? 骨盤の上のコリコリ=上前腸骨棘  

     に手を当ててみてください。

 

   

     のところです。

 

 

    上前腸骨棘

  コリコリを前に突き出す。

       後に突き出す。

 

 

  ということは、

   =お尻を後に突き出す。

       前に突き出す。

 

 

 部位が変わると混乱します?

 でも、同じことなんですね♪

 

 

 上記の動きができたら、

      呼吸ととともに。

 

 

 最初は吸いながら、コリコリを前へ。

    吐きながら、コリコリを後へ。

 

 

 仰向けの時は、頭もお尻の位置も変えずにできると思います。

 床があるので。

 

 

 でも、立ったまま or 座ったまま行うと…いかがです?

 頭が揺れてしまったり、胸まで開いてしまったり…。

 周囲を動かさずに、前傾・後傾してみてください。

 

 

 背骨のスペースが空くように繰り返しましょう。

 

 

 これを読みながら、座位のまま、ぜひ!

 

 背骨のスペースが空くように、です。

 

 

 チェックポイント5

 ・肩が首が頭に近づいていませんか?

 ・呼吸とともに動けていますか?

 ・頭や肩が前後や上下に動いていませんか?

 ・流れるように動けていますか?

 ・股関節や肩など、無駄に力んでいませんか?

 

 

 座ったまま、頭の位置を変えないで動いてみてください。

 寝っ転がって行うよりも、動けないかもしれません。

 何回か、繰り返してみてくださいね。

 

 

 クリアできたら、次は、呼吸を少し変えましょう。

 

 

 step2: 吐きながら動き、止まって吸う。

 

 

 吐いて、前傾。

 止まって吸って。

 吐いて、後傾。

 止まって吸って、と、繰り返してみてください。

 

 動きと呼吸がわからなくなったら、step1に戻りましょう。

 

 

 

 胸も頭も動いてしまう!という方は、

     キャットバックにトライしましょう。

 

 おひざが痛い方、手首が痛い方は、

  座ったまま先ほどの動きから胸も開いたり閉じたり、

           思いっきり動いてみてください。

 

 

 

 キャットバックは・・・

  伏臥位=うつ伏せから、

        猫のように四つん這いになります。

 

 肩の下に手首+膝を股関節の下に来るようにセットします。

 

 そして、step1を行います。  

 

   吸いながら、お尻を後に突き出す。

   吐きながら、前に突き出す。

 

   吸いながら、背中を反らす。

   吐きながら、背中を丸める。

 

 呼吸とともに、動きましょう。

   胸も頭も一緒に動かしましょう。

 

 

 チェック5!

 ・手のひらでしっかり床を押せていますか?

  →手のひらでしっかり押し、手首への負担を軽減しましょう。

 ・動きとともにスネで床を押せていますか?

  →あまり意識しない箇所なので、お忘れなく。

 ・視線は背骨の延長線上=センターラインを

   意識しながら(観ながら)、首の後ろが常に長く動けていますか?

  →首の後ろが短くなると、首の骨のスペースが空かないので。

 ・背中を反る時、

   頭の角と尾骨=尻尾で空に円を描くように動けていますか?

 ・丸める時、

   視線はおへそ、そして、おへそで天井を押すように動けてますか?

 

 

 

 猫が、背中を反らすように。

 猫が、背中を丸めるように。

 

 背中で「 ∪ 」を描くように。

 背中で「 ∩ 」を描くように。

 

 

 背骨のスペースを空けるように、動いてみましょう♪

 

 

 慣れてきたら、ぜひ、step2へ!

  ですが、キャットバックの場合、ちょっと+α♪

 

 

 吸いながら、床と並行。

 吐いて、背中丸めます。

 吸いながら、床と並行。

 吐いて、反ります。

    ・

    ・

    ・

 と、繰り返してみてください。

 

 呼吸が変わると、動けないかもしれません。

 落ちついて、身体へ指示を送ってみてくださいね。

 

 

 チェックポイント+1

  ・常に、頭とお尻が逆方向に行くように動いてみましょう!

 

 

 あ!逆方向というのは、「 ← あたま ∩ おしり → 」

            「 ← あたま ∪ おしり → 」です。

 

 

   あたまが上なのに、

    お尻が下という逆方向でないので、お気を付けください。

   あたまが上の時、

    お尻が下になると背中で「 ∪ 」「 ∩ 」描けませんね。

 

   

 去年の最後のサークルでの動きではなくて、大丈夫。

  →ひらがなの「つ」にならなくて大丈夫です。

  →手首の上に肩のまま、動きましょう。

 

 吐きながら、背中で「  ∪  」を描くように。

 吸いながら、背骨が「 −  」を描くように。

 吐きながら、背中で「  ∩  」を描くように。

 

 

 無駄な力が入らないように、気を付けましょう。

 

 

 

 チェックポイント11、攻略してみてくださいね。

 

 

 

 次のお楽しみは…

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Gyrokinesis(R) / Pilates / Yoga


 気軽にピラティス「 呼吸しましょう 」

 

 

こんにちは。

 ちょっと、お家でお試し♪

 

 『 呼吸+ピラティススウィッチ 』

 

 

 

 ゆったりと呼吸されてますか?

 胸式ラテラル、思い出していただいても大丈夫です。

 …忘れました?

 まず、難しいこと考えず、呼吸をしましょう。

 

 読みながらトライ♪

 

 step1: 

   背筋よく座り、下腹部に手をあてて、鼻から吸って、

           口から曇りガラス作るように、ながーく吐きましょう。

 

 まず、これだけ。

 寝っ転がって、おこなっていただいても大丈夫です。

  

 step1の姿勢+呼吸を続けながら、読み続けてみてくださいね。

 最初は、呼吸とともに、おなか凸凹させてみましょう。

 

 吐くことに重きを置いて、5秒くらいかけて…

    背筋良いまま下腹部に置いた手の位置変えず、

           手を避けるように吐いてみてください。

 

 これもカンタン? 

 そうですね…私たち、無意識に呼吸してますから。

 慣れてきたら、8秒くらいかけて吐きましょう。

 吸う、はしっかり吐いたら、ゆるめれば吸える、でしたね。

 

 ながら、運動しましょう。

 私たちの脳は、あれもこれも処理できます。

 

 携帯いじりながら、歩いたらダメですけど。

 

 歩きながら目的地向かう間に、

   あ、お昼何食べよう?なんて考え、人にぶつからないように避け…

 

 筋肉を無意識に使えたらいいのです。

 その無意識、ピラティスでいう無意識ですか?

 気づかない無意識と意識的に無意識があるんです。

 

 無意識を意識化にあげましょう!

 

 この文章読みながら、呼吸止まってませんでしたか?

  

 

 では、 チェックポイント最初の5…

 

 ・おなかをおなかをふくらましたり、へこましたりしてみましょう?

  →あまり言うこと聞いてくれない時は、おなかマッサージ。

   やさしく&ゆるく、ほぐしてあげましょう。

 

 ・吐いた時、手をあてた場所、どうでしたか?

  →吐く時に、手を置いた場所を引き上げて吐いてみましょう。

  →ウエスト?脇腹がタテに伸びるように呼吸してみましょう。

 

 ・チャックしめる意識できてましたか?

  →お手洗い我慢するくらいな感じ

      & お尻とモモの境目辺りで絞る感じ、思い出しました?

 

 ・肩が、耳に近づいていしまったり、股関節に無駄な力入ってみませんでしたか?

  →集中して動くこととても大事です、が、

   肩が無意識に上がってしまうのであれば、意識的に下げて差し上げましょう!

   肩を下げることで、コアの安定にもなりますね!

 

 ・だんだん、前かがみになったりしていませんか?

  読みながら、だと前かがみになってしまうかしら?

 

 

 混乱してきたら、まず、ゆったり呼吸。

 慣れてきたら、1つずつ、意識していきましょう。

 そして、いつでも、step1に返ってきましょう。

 

 思い出した!& 慣れてきた方は、次へ! 

 

 step2: 背筋よく・ひろーい肩のまま・ながーく吐きながらご自身のコルセット巻き、

                 吸うときにコルセットに触れないおなか♪

 

 思い出されましたか? 『 胸式ラテラル呼吸 』

 

 1、鼻から吸って、口から曇りガラスをつくるように、長ーく吐きながら、

       ご自身の生まれ持ったコルセット起動!

 2、コルセットに触れないように吸いながら、肩を横に、肋骨を横に開く。

 3、ひろーい肩のまま、天然コルセットもうひとまわり絞める。

 

 というように、繰り返します。

 

 

 思い出されましたか?

 慣れてきたら、肩甲骨の下部にも吸い入れてあげてくださいね、空気。

 

 残り5チェック!

 

 ・軽く顎を引き、首の後ろ側長いですか? 

          といって、あご引きすぎではありませんか?

 ・頭頂部から、ビーム出てますか? 

          =背・首が短くなってませんか?

 ・肩甲骨が(見えない)壁・床から離れていませんか?

 ・肋骨を横に開くように意識して吸っていますか? 

 ・吐くとき、肋骨もしくはおなか絞り過ぎて、

          どちらかが膨らんだりしていませんか?

 

 チェックポイント10攻略できましたか?

 

 読みながら行っていただくだけでも、5分くらいかかってしまうかもしれませんね。

 今日はそれで十分です。

 

 もの当たりない方は、日常、いつでも胸式ラテラルとりいれてみてくださいね。

 

 肩はリラックスです♪

 

 吐くと下腹部辺りがしっかりカタくなるの見つかりましたか?

  それが、『 ピラティス スウィッチ♪ 』です。

        丹田とか、聞き覚えがあると思います。

 

 私がみなさまにお伝えしているいつもの状態で書いてしまいました…。

 慣れてない言葉があったら、教えてくださいね!

 

 

 次のお楽しみは…

 

 

 

JUGEMテーマ:Gyrokinesis(R) / Pilates / Yoga